まだまだ上がる可能性|中古車の売却

2,000年以前の車は売却が厳しくなる事もあるネクステア

  •  
  •  
  •  
 

まだまだ上がる可能性|中古車の売却 > 中古車売却 > 2,000年以前の車は売却が厳しくなる事もあるネクステア

2,000年以前の車は売却が厳しくなる事もあるネクステア

車を売却する際には、販売された時期が大切なポイントになります。いわゆる何年落ちの車なのかが、大きなポイントなのですね。
一般的には10年落ちの車などは、少々厳しい一面があります。買取業者によっては、そのような車をゼロ円と提示する事もあるからです。ですので年式と車の売却額は、非常に大きな関係があるのですね。

 

オークション出品にも関係する車の年式

 

ところで上記の話は車の買取業者に対するものですが、たまにオークションでもそれが関係してくる場合があります。ある程度古い車になりますと、ちょっと売却が困難な事があるからです。
例えばニュージーランドですね。実は車の売却方法の1つに、ニュージーランドのオークションがあるのです。日本国内には沢山のオークションがありますが、それはあの豪州の地域でも同様なのですね。
そしてあの国の場合は、ちょっとガスに関する規制があります。古い車の場合はガスに問題があると考えられているので、売却が困難になる事があるのだそうです。一般的には、2,000年以前の車などはちょっと厳しくなる傾向がありますね。

 

ネクステアでの車売却の注意点と年式

 

ではどのような業者であればニュージーランドでの車売却ができるかというと、その1つがネクステアです。向こうの国のオークションを用いての車売却になるのですが、上記のようなガスの事情があります。したがってその業者で車を売却するとなると、2,000年以前の車は少々厳しくなる可能性があります。
ただしこの業者の場合は、日本国内のオークションを通じての売却をする事も可能です。日本国内であれば、2,000年以前の車が売却できる事も多々ありますね。
また2,000年以前の車でも、車種によってはニュージーランドで売却できる事もあるのだそうです。したがって「少々古い車をネクステアを通じて売却したい」のであれば、ちょっとその旨を相談してみると良いのではないでしょうか。最適な提案をしてくれる可能性があるからです。

関連記事

中古車売却

あなたの中古車、まだまだ買取価格があがるかも?

 

Copyright まだまだ上がる可能性|中古車の売却 All Rights Reserved.